Close


現在(リアルタイム)

  • 取引値
  • 前日比
  • 出来高(20分遅れ)

サステナビリティに関する方針・推進体制

  1. ホーム
  2. ESGへの取組み
  3. サステナビリティに関する方針・推進体制

本投資法人及び本資産運用会社は、積水ハウスが掲げる「サステナブル·ビジョン」に基づき、「環境(Environment)・社会(Social)・ガバナンス(Governance)」へ配慮した不動産投資運用を通じて持続可能な社会の実現に貢献します。
本資産運用会社は取り巻く事業活動全般とサステナビリティの考え方を結びつけるため、サステナビリティ・ポリシーを制定し、これらを遵守・実行します。
また、サステナビリティ委員会にて、目標の設定、遵守状況及び実施した施策の効果測定、改善策の検討を定期的に行っています。

サステナビリティ・ポリシー

1. ESG関連の法令・諸規則の遵守

ESG関連の法令及び諸規則に関する知識向上を目的とした社内研修を行うとともに、法令及び諸規則を遵守し、ESGに配慮した不動産投資運用を行います。

2. 気候変動への対応

脱炭素社会の実現に向けてエネルギーの効率的利用を積極的に推進し、CO₂排出削減に努めます。

3. 節水・省資源対策

節水や資源のリデュース・リユース・リサイクル (3R) の推進及び啓発を行うことで、循環型社会の実現に向けて積極的に取組みます。

4. 生物多様性

積水ハウスが掲げる「5本の樹」計画に基づき、在来種等生態系に配慮した樹種を基本とした植栽等の維持・管理を行うことで、自然・周辺環境との調和を目指します。

5. 快適性・安全性

入居者が快適で安全に暮らすことができる高品質な住まいと、テナント企業の生産性の向上に資する利便で安全かつ快適な空間を提供します。

6. 地域・コミュニティへの貢献

地域に賑わいを創出し、地域・コミュニティとの共存やその活性化を図っていきます。

7. ステークホルダーとの協働

本ポリシーに基づく取り組みを実践するために、プロパティ・マネジメント会社等の取引先、入居者及びテナント企業や施設利用者等のステークホルダーとの協働に努めます。

8. 役職員への取組み

多様性、人格、個性の尊重とワーク・ライフ・バランスの推進を通じて、一人ひとりが自分らしく、健康で生き生きと働ける組織風土を目指します。
また、役職員の能力開発に努め、能力を最大限に引き出し、多様で優秀な人材の確保に努めます。

9. サプライチェーン・マネジメント

サプライチェーンを通じた環境・社会配慮を推進するため、プロパティ・マネジメント会社をはじめとする取引先にサステナビリティへの理解と協力を求めます。

10. 情報開示と外部認証の取得

ステークホルダーに対し、ESGに関する積極的な情報開示に努めます。また外部評価機関による環境認証・評価を継続して取得します。

サステナビリティ推進体制

「サステナビリティ・ポリシー」に基づく取組みを継続的かつ組織的に実践するために「サステナビリティ委員会」を設置し、サステナビリティに係る方針や目標、各種施策の決定、進捗状況の管理及び必要な指示等を行う体制を構築しています。
このサステナビリティ委員会を軸として、組織横断的に様々な観点から課題の把握と解決を図るとともに、サステナビリティ委員会の傘下に、サステナビリティ推進担当部署を配置し、活動目標の立案・推進の徹底を図っています。

サステナビリティ委員会

サステナビリティ委員会

PDCAサイクルに基づくサステナビリティの推進

PDCAサイクルに基づくサステナビリティの推進

ESGレポート

ESGレポート
(2020年12月発行)

ESGに関する取組みをステークホルダーの皆様にご理解いただくとともに、対話につながることを目的として、ESGレポートを発行しています。

積水ハウスグループのESG経営に関する情報

積水ハウス
統合報告書2020

創業60周年を迎える積水ハウスグループの軌跡、ビジネスモデルとコアコンピタンス、目指す姿などを目標とともに記載しています。

積水ハウス
サステナビリティレポート2020

ESG経営のリーディングカンパニーを目指す積水ハウスグループの価値創造のビジョンと戦略、取り組み及び指標をESGそれぞれの観点から記載しています。

積水ハウス
TCFDレポート2019

2050年脱炭素経営を目指す積水ハウスの気候変動リスク対策と企業の持続的成長戦略を示すとともに、財務に影響のある気候関連情報を記載しています。

このページの先頭へ