投資戦略

「戦略的立地」と「高品質」を柱とした商業用不動産への投資

本投資法人は、テナント企業において、その事業の「持続可能な活動拠点」として不動産に求める要素に着目し、テナント企業の「経営者、従業員及び顧客」に対して、以下の3つの要素の提供が可能と考えられる不動産等について、持続的な底堅い需要と高い競争力を有し、中長期にわたり安定した収益の確保が期待できる投資対象であると考えます。

1.生産性と業績(企業価値)の向上に資する戦略的な立地特性や機能性2.事業継続性を確保しすべてのステークホルダーにとって安全で快適な空間3.持続可能な社会の構築に向けた環境配慮を含む社会的責任

本投資法人は、テナント企業において、その事業の「持続可能な活動拠点」としてのニーズに即した立地(「戦略的立地」)に所在する、又は利便性をはじめとする高い機能性(「高品質」)を有する商業用不動産(「プライムプロパティ」)を中心に投資します。