Office J-6 広小路ガーデンアベニュー

所在地(住居表示) 愛知県名古屋市中村区名駅四丁目24番16号
取得価格 6,350百万円
構造・階数 S造・SRC造/地下1階・地上12階
延床面積 7,017.98㎡
総賃貸可能面積 4,442.75㎡
建築時期 2011年03月

物件特性

  • 本物件は、2011年に竣工し、ワンフロア(基準階)約118坪と中規模クラスではあるものの、無柱空間で天井高2,800㎜、OAフロア100㎜、非接触ICカードリーダーによる入退室自動管理など、貸室として大規模ビルと同水準のスペックを有したオフィスビルです。
    テナント用発電機スペースを屋上に確保し、CASBEE名古屋(2004年版)のAランクを取得する等、BCPや環境にも配慮されており、近時のテナントニーズを満たす設計設備水準を有しています。
    DBJ Green Building認証の5段階評価の最高ランクに次ぐ極めて優れた「環境・社会への配慮」がなされたビルの評価を取得しています。

立地特性

  • 本物件は、複数の大規模再開発が進行しリニア中央新幹線の開通を控えてオフィスニーズの高まりを見せる「名古屋名駅」エリアに所在し、伏見や栄といったオフィス地区へと通じる広小路通沿いに立地しています。また、「名古屋」駅周辺における大規模ビルの建替え、リニア中央新幹線効果等により、当該エリアはより繁華性を増し、地域的に一層発展していくものと予測されます。更に、「名古屋」駅から建物付近まで地下街が続いており、最寄駅までのアクセス条件は良好です。
    「名古屋名駅」エリアの中心となる「名古屋」駅は、名古屋市営地下鉄東山線・桜通線、JR各線・東海道新幹線、名鉄各線、近鉄各線、名古屋臨海高速鉄道(あおなみ線)が乗り入れるターミナル駅であり、周辺地域だけでなく広域的な都市間移動が可能となっており、交通利便性は良好です。
    「名古屋」駅東側一帯は、銀行、証券会社、生命保険会社等の金融機関やトヨタグループ等の大手企業が入居する大規模オフィスビルが集積しています。また、リニア中央新幹線(品川-名古屋間)の工事実施計画の一部が国土交通大臣に認可され、事業が徐々に具体化し始めています。首都圏との時間的な距離が縮まり、将来的なビジネスチャンスを窺う事業者等からの「名古屋名駅」エリアの注目度は高く、今後更なる地域的な発展が期待されています。

MAP